【レジン】作業マットを作ろう

レジン作業中の机は何かと汚れがち。

机を保護するためにも、作業中の作品の状態を確認しやすくするためにも、簡単な作業マットがあると便利です。

簡単に作業マットを作ろう

クニミユウキ(@akashiky)です。

レジン作品を作る時、机の上はどんなふうにしていますか。

私は、これを置いています。

作業マット(的なもの)。

レジン作業をしているとレジン液があふれたり、レジンのついた楊枝が転がってしまったり、封入素材がこぼれたりと、机の上は汚れがち。

レジン液はアルコールなどで拭けばいちおうはとれますが、拭き取りでは完全に取り除けたか確認できません。

また、クローム系のパウダーなどは細かい傷があると入り込んでしまいます。

机が黒っぽい色の場合、モールドで作った透明系の作品を仕上げていくのに見えづらいこともあります。

作業マットの上で作業をすれば、レジン液がこぼれても硬化してしまえばきれいにはがせて安心ですし、汚れがひどければ捨てて新しくするのも簡単です。

作り方

作り方(?)はとっても簡単です。

  1. A4のクリアファイルに、
  2. A4のコピー用紙を入れる

だけ。

それだけだとちょっとふにゃふにゃするので、オプションでA4の透明下敷きも入れましょう。

必要に応じて、1cm等のマス目の入ったものを使うのもいいですね。

クリアファイルは100均で10枚から20枚入って100円、コピー用紙も最近は扱っています。

下敷きも、もちろん100均で購入可能。

ポイントは、

クリアファイルの「中に」はさむこと。

クリアファイルはPP素材なので、レジンをこぼしても硬化させればぺりっときれいにはがせます。

また、着色剤などで汚れたり、レジンの硬化熱などで歪んできてしまったりしたら、別のファイルに取り換えれば真新しいマットになります。

中に白い紙を入れておくと、着色したレジンの色味などもわかりやすいです。

コピー用紙は中にはさんでおけば何かで汚れても簡単に取り換えられますし、

下敷きも、クリアファイルにはさんでおくだけなら汚れないので、きれいなままずっと使えます。

入れ替えるときにはずさないといけませんが、周囲をマステなどでかわいく飾るのもいいかもしれませんね!

机にじか置きで作業するのも楽です(私もずっとそうしていました)が、作って使うようになったらかなり便利に感じたので、みなさまもぜひお試しください(・∀・)